米国インディアナ州インディアナポリス発、2014年9月12日-イーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE: LLY、以下「リリー」)は本日、転移性結腸直腸がん患者を対象とするramucirumab(米国製品名CYRAMZATM)と化学療法の併用に関する第III相試験であるRAISE試験が、その主要評価項目の全生存期間を達成したと発表しました。

プレスリリースはこちら