グラクソ・スミスクラインは本日、免疫抑制療法(IST)に抵抗性となった重症再生不良性貧血(SAA)患者に対するPromacta(エルトロンボパグオラミン)の1日1回使用に対し、米国食品医薬品局(FDA)から適応追加承認を取得したことを発表しました。

プレスリリースはこちら