サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社は、九州大学・基幹教育院割石博之教授らおよびハワイ農業研究センター(Hawaii Agriculture Research Center、以後HARC)長井千文博士らとの共同研究により、コーヒー生豆に含まれる必須アミノ酸「トリプトファン」がコーヒーの果実の未成熟度を予測するマーカーとなることを世界で初めて確認しました。

プレスリリースはこちら