株式会社東洋新薬は、中部大学応用生物学部 津田 孝範 教授、北海道大学大学院農学研究院 原 博 教授および比良 徹 講師と共同で、『すいおう(甘藷若葉末)』に含まれる特徴的なカフェ酸誘導体が、血糖値上昇抑制作用のメカニズムに関与することを確認し、第27回国際ポリフェノール会議において発表いたしました。

プレスリリースはこちら