メディシノバ(MediciNova, Inc.)は、コロンビア大学とニューヨーク州精神医学研究所(NYSPI)が、NIHの一部門である米国国立薬物濫用研究所(NIDA)から、MN-166のオピオイド依存症を適応とする臨床治験の継続を目的として追加の助成金供与を得たことをお知らせします。今回の決定は、2014年8月19日にお知らせしておりますMN-166のフェーズ2a臨床治験の良好な中間解析結果に基づくもので、当該治験の完了まで9カ月間の活動をサポートする266万米ドルが供与されました。また、治験の主任責任医師であるサンドラ・コマー医師らコロンビア大学及びNYSPIのグループは、NIDAから、その後4年間にわたりさらに総額1100万米ドルを超える供与が可能である旨の通知を受領しております。

プレスリリースはこちら