北海道大学大学院先端生命科学研究院の(グン)教授らのグループは,力学刺激によって超高速で色が変わるゲルを開発しました。ゲルとは,ゼリーやこんにゃくのような,内部にたくさんの水を含んだ柔らかい材料です。本ゲルは,変形の大きさに応じて赤~青までのフルカラーレンジ発色が可能,1ミリ秒という極めて速い応答速度,0.01mm(髪の毛のサイズ)の空間分解能などの特徴を有しています。このゲルは,バックライト不要の新方式のカラーディスプレイ,水中でも使える高速応答圧力センサーなどとして利用可能と考えられます。

プレスリリースはこちら