東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)および流体科学研究所(IFS)の寒川 誠二 教授、肥後 昭男 助教グループは北海道大学 大学院情報科学研究科の村山 明宏 教授、東京大学 大学院工学系研究科の中野 義昭 教授らの研究グループと共同で、バイオテンプレート技術と融合して世界で初めて高均一・高密度・無欠陥の6層積層した3次元ガリウム砒素/アルミニウムガリウム砒素量子ドットを作製することに成功しました。さらにこの量子ドットを用いて発光ダイオード(Light Emitting Diode:LED)を作製し、電流注入によるLEDからの発光を世界で初めて実現しました。

プレスリリースはこちら