当社および当社の100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA Inc.(以下「TPUSA社」)は、米国時間2014年9月3日、ルイジアナ州西部地区連邦地方裁判所で行われた2型糖尿病治療剤「アクトス」に起因する膀胱がんを主張する製造物責任訴訟(原告Terrence Allenほか)において、本年4月7日(米国時間)に下された原告の主張を認める陪審評決に則った判決がありましたのでお知らせします。当社ならびにEli Lilly and Company(本社:米国インディアナ州インディアナポリス)が申し立てている再審理または懲罰的損害賠償金を大幅に減額すべき旨の申立てに対しましては、まだ裁判所は決定を下していません。

プレスリリースはこちら