バイエルヘルスケア社は本日、1日1回投与のイグザレルト(リバーロキサバン)が、除細動を受ける非弁膜症性心房細動患者において、ワルファリンのような用量調節ビタミンK拮抗薬に対する効果的で忍容性良好な代替選択肢であることを示したX-VeRT試験の結果を発表しました。

プレスリリースはこちら