グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下GSK)は、8月29日付で、同社の抗てんかん薬 「ラミクタールR錠25mg」、「ラミクタール錠100mg」(一般名:ラモトリギン、以下 「ラミクタール錠」)について、成人てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)および強直間代発作に対する単剤療法の効能効果で厚生労働省より適応追加の承認を取得しました。

プレスリリースはこちら