当社は本日(米国時間8月28日)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品庁(EMA)および日本の厚生労働省(MHLW)/医薬品医療機器総合機構(PMDA)など各国の規制当局に対し、アクトス錠(一般名:ピオグリタゾン塩酸塩)などピオグリタゾン含有製剤に関して市販後に課された10年間の疫学研究の完了に伴い、そのデータを提出しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら