東京大学大学院農学生命科学研究科・ERATO 東原化学感覚シグナルプロジェクトの新村 芳人 特任准教授、東原 和成 教授らの研究グループは、アフリカゾウのゲノム中に、匂い分子を認識するタンパク質(嗅覚受容体OR)の遺伝子が約2000個も存在することを見つけました。

プレスリリースはこちら