カルシンテニンと呼ばれるタンパク質は、アルツハイマー病やレビー小体型認知症、パーキンソン病といった神経疾患に関与することが示唆されています。

プレスリリースはこちら