アストラゼネカ株式会社は、プロトンポンプ阻害剤(以下、PPI)「ネキシウムカプセル」および「エソメプラゾールマグネシウム水和物」混濁液用顆粒剤の2剤型について、小児における胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの胃酸関連疾患の適応拡大を目的とした臨床試験を開始いたしました。

プレスリリースはこちら