理化学研究所は、統合失調症や自閉症といった精神疾患の発症に、脂肪酸を運搬する「脂肪酸結合タンパク質(FABP)」が関与する可能性を見出しました。

プレスリリースはこちら