アジレント・テクノロジー株式会社は、感度および堅牢性を向上したトリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析装置(LC/MS)「Agilent6495トリプル四重極LC/MSシステム」を発表します。6495のフロント部にあたる液体クロマトグラフ(LC)には「Agilent 1200シリーズ UHPLCシステム」を採用しており、高い性能を容易に引き出すことが可能です。6400トリプル四重極LC/MSシリーズの最新モデルとなる6495は、ルーチン分析、ならびにライフサイエンス、食品、環境などの用途における高感度定量分析に最適です。

プレスリリースはこちら