ブリストル・マイヤーズスクイブ社は、本日、セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変に対するインターフェロン及びリバビリンを必要としない経口薬のみによる治療法として、NS5A複製複合体阻害剤である「ダクルインザ錠60mg」(一般名:ダクラタスビル塩酸塩、以下「ダクルインザ」)およびNS3/4Aプロテアーゼ阻害剤である「スンベプラカプセル100mg」(一般名:アスナプレビル、以下「スンベプラ」)の製造販売承認を、世界に先駆けて日本で初めて取得したことを発表しました。

プレスリリースはこちら