横浜市立大学大学院生命医科学研究科 小川毅彦教授、医学研究科泌尿器病態学 窪田吉信教授(現学長)と大学院生 横西哲広医師らは、新生仔マウスの精巣組織を凍結保存し、解凍後に器官培養することによって精子形成を誘導させ、精子産生に成功しました。この精子を用いて産仔を得ることにも成功し、臨床応用の可能性を示しました。

プレスリリースはこちら