2014年6月24日(火)に東京大学から発表された「SIGN研究に関する調査(最終報告)」において、弊社製品(一般名 ダサチニブ / 製品名 スプリセル)の医師主導臨床研究に関して、弊社から不適切な役務提供があったとのご指摘を受けました。

プレスリリースはこちら