日本建築学会は、2014年日本建築学会大賞などを発表し、大林組が開発した「混和材を高含有した低炭素型のコンクリート」(クリーンクリート)が、学術・技術・芸術の進歩に寄与した業績を表彰する学会賞(技術部門)を受賞しました。

プレスリリースはこちら