理化学研究所と東京大学は、植物などの光合成/水分解の仕組みを利用することで、中性の水を分解して電子を取り出す「人工マンガン触媒」の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら