独立行政法人 産業技術総合研究所ナノスピントロニクス研究センター 湯浅 新治 研究センター長、野? 隆行 主任研究員は、高周波電圧をかけることによって、金属磁石材料の磁化の向きを反転させるために必要な磁界を小さくできる新しい技術(磁化反転アシスト技術)を開発した。

プレスリリースはこちら