帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)は、このたび、英国の製薬メーカーであるシグマ・タウ・ファルマ社(以下「シグマタウ社」)と、シグマタウ社が創製したADA欠損症治療剤「EZN2279」の日本における独占的開発・販売契約を締結しました。今後はこの契約締結に基づき、帝人グループでヘルスケア事業を担う帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宇野 洋)が、日本における本剤の開発を推進します。

プレスリリースはこちら