理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、金属電極に接触した「酸化グラフェン」の化学構造を理論的に調べ、「エノラート」構造という高い反応性の化学種であることを発見しました。

プレスリリースはこちら