2014 年5 月28 日(水)、日本臨床検査薬協会(JACRI)、米国医療機器・IVD 工業会(AMDD)および欧州ビジネス協会(EBC)は厚生労働省などに対し、体外診断用医薬品(IVD)業界3 団体として共同の提言書(別紙参照)を提出し、病気の予防・診断・治療・予後の経過観察などの臨床検査に使用される体外診断用医薬品(IVD)の適正な提供のあり方に関して、以下の通り説明しました。

プレスリリースはこちら