イーライリリー・アンド・カンパニー(以下、リリー)は、6月14日、dulaglutideの6番目のAWARD試験の詳細結果から、週1回投与のdulaglutide 1.5mgは、1日1回投与のリラグルチド1.8mgに対する非劣性を示すことを発表しました。本非劣性試験は両群で平均血糖値(HbA1c)の同様の低下量を示しました。1また、本試験ではグルカゴン様ペプチド1(以下、GLP-1)受容体作動薬のdulaglutideとリラグルチドの安全性及び有効性について直接比較しました。これらの結果は第74回米国糖尿病学会学術集会で発表されました。

プレスリリースはこちら