株式会社 医学生物学研究所は、当社子会社の G&Gサイエンス株式会社と共同で、最新の研究成果に基づき、大腸がん治療に用いる抗EGFR抗体薬の投薬判断に有用なRAS(KRASおよびNRAS)遺伝子の変異を検出する試薬(本試薬)を開発いたしました。本試薬は、欧州で体外診断用医薬品に必要な要求事項を満たし、6月13日に欧州指定代理人を通じて当局へCEマーク登録(製品名:MEBGEN RASKET KIT)の通知が完了するとともに、日本国内においても体外診断用医薬品の製造販売承認を申請しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら