投資単位の引下げに関する考え方
 

プレスリリースはこちら