理化学研究所、次世代時間標準として注目の「光格子時計」の小型化へ前進~将来の高精度化と可搬化による応用にも期待~

(2014.06.19 10:48)

 JST戦略的創造研究推進事業において、東京大学 大学院工学系研究科の香取 秀俊 教授(理化学研究所 主任研究員)らは、中空フォトニック結晶ファイバー)(以下、中空ファイバー)中でストロンチウム原子の高精度分光に成功しました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧