武田薬品工業株式会社とH. Lundbeck A/Sは、本日、Brintellix 10~20 mg/日が認知機能に与える影響について、実行機能、処理速度、注意に関連する客観的神経心理検査(Digit Symbol Substitution Test[DSST])を用いて、成人の大うつ病性障害の患者を対象に評価した新たな試験(「CONNECT」試験)の結果を、6月23日よりカナダのバンクーバーで開催される第29回国際神経精神薬理学会(CINP)において、Late Breakerポスターとして発表しますのでお知らせします。

プレスリリースはこちら