ノバルティスは、本日、ALK阻害剤による治療歴の有無にかかわらず、LDK378(一般名:ceritinib、米国における製品名:「Zykadia」)の投与により、ALK+NSCLC患者さんで腫瘍の縮小効果が得られたことを示すデータを発表しました。

プレスリリースはこちら