株式会社富士通研究所は、次世代サーバに搭載されるCPUなどのチップ間データ通信において、世界最高速である毎秒56ギガビット(Gbps)の高速データを受信可能な受信回路を開発しました。

プレスリリースはこちら