2014年6月2日、シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)にて、アストラゼネカおよびメディミューンの治験薬に関する40を超える抄録から説得力のあるデータが発表されたことを受け、アストラゼネカはアナリストおよび投資家に対する説明会において、自社のオンコロジーパイプラインの開発状況について最新情報を提供しました。

プレスリリースはこちら