アイナメ属雑種の遺伝学的集団解析と交配実験から、野外雑種は2系統存在し、ともに個体発生には両親に由来する遺伝子を使いますが、卵を作る際に父親由来の遺伝子を捨てることを確かめました。このような母親のゲノムだけが子に伝わり、父親由来の遺伝子は毎世代入れ替わる特殊な遺伝様式を半クローン生殖と呼びます。半クローンは、今まで、遺伝的な共通性が微妙な近縁種の組み合わせで生ずると考えられていました。しかし、今回、雑種の母種のスジアイナメと父種のクジメおよびアイナメを使った純粋種間の交雑では、半クローンを作り出せず、野外で通常行われている野外雑種と父種を交配させる戻し交配(雑種とその親種が交配すること)でのみ半クローンを再現できました。

プレスリリースはこちら