三菱化学株式会社(以下「MCC」)と独立行政法人物質・材料研究機構(以下「NIMS」)は、MCCとNIMSが共有する、LED用として広く用いられる赤色蛍光体に関する特許(大韓民国特許第816693号、以下「本特許」)について、2013年5月30日付で米国のIntematix Corporation(以下「Intematix社」)が韓国特許法院に提起していた審決取消訴訟における請求を同法院が全面的に退け、2014年6月3日付で本特許の有効性を認める判決を下したことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら