米国時間4月7日、2014年2月3日から続いておりましたルイジアナ州西部連邦裁判所で行われた2型糖尿病治療剤「アクトス」に起因する膀胱癌を主張する製造物責任訴訟(原告Terrence Allenほか)において、原告の主張を認める陪審評決がありました。

プレスリリースはこちら