JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、日本バイリーン株式会社の伊藤 康博 第二技術部長、産業技術総合研究所の保高 徹生 主任研究員、福島県農業総合センターらの開発チームは、効率的に水中の放射性セシウム(以下、セシウム)を計測できるモニタリングシステムの開発に成功しました。

プレスリリースはこちら