がん細胞や疾患部位を標的にしたセンサーを結合し、薬物を患部へ確実に、大量に送達することを目的としたAntibody/Drug-conjugated Micelles(ADCM)に関する物質特許が、米国において特許査定を受けました。本件特許は、日本、欧州、カナダ、オーストラリア、中国で成立しており、米国地域においても知的財産権を確保できてワールドワイドな知的財産となりました。

プレスリリースはこちら