グラクソ・スミスクライン株式会社は、3月17日付で、同社の分子標的薬「ヴォトリエント錠200mg」(パゾパニブ塩酸塩、以下「ヴォトリエント」)について、根治切除不能又は転移性の腎細胞癌に対する効能・効果で厚生労働省より適応追加の承認を取得しました。

プレスリリースはこちら