理化学研究所は、植物が病原菌侵入を認識した後に、迅速に活性酸素を生成し、病原菌を撃退する仕組みを分子レベルで解明しました。
 
プレスリリースはこちら