タカラバイオ株式会社と自治医科大学附属病院が共同で実施を予定している、悪性リンパ腫の一種である非ホジキンリンパ腫(B-NHL)に対するCD19抗原特異的キメラ抗原受容体(CAR; Chimeric Antigen Receptor)遺伝子治療の臨床研究実施計画が、厚生労働省 厚生科学審議会 科学技術部会において了承され、本年3月4日付で厚生労働大臣から通知されました。
 
プレスリリースはこちら