理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、糖鎖を作る糖転移酵素「Fut8」を欠損させた細胞では、別の糖転移酵素を発現し、活性化させることで糖鎖を補う仕組みが働くことを発見しました。

プレスリリースはこちら