株式会社DNAチップ研究所(社長:的場 亮、本社:神奈川県横浜市)は、悪性神経膠腫の手術を受けた患者様の切除癌から取得したRNAを用いて、腫瘍細胞中の58個の遺伝子量を測定することにより、神経膠腫患者の術後の予後を予測(補助療法感受性予測)する方法および測定キットに関する国内特許を取得いたしましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら