細胞分裂は1つの細胞が2個の娘細胞に分かれる細胞の増殖に必須な生命現象です。細菌の細胞分裂はDNAが複製した後に,細胞分裂タンパク質FtsZ がGTPと結合して自己重合を行い,他のタンパク質と共に細胞中央の分裂部位にリング(Zリングと呼ばれる)を形成することで開始します。その際に,FtsZのGTP加水分解作用によってFtsZは直線形から湾曲形へと重合状態の変化を引き起こします。そして,Zリングが収縮し細胞がくびれて最終的に2つの細胞に分裂します。今回,私たちは院内感染の原因となるメチシリン耐性黄色ブトウ球菌Staphylococcus aureusのFtsZの構造をX線結晶構造解析法により明らかした上で,T7ループと呼ばれる機能に重要な部位の変異体を作製し,その構造解析も行いました。その結果,結合したGTPとその隣分子のT7ループとの相互作用によりFtsZのN末とC末サブドメインの相対配置が変わり,GTPが加水分解されることでFtsZは直線から湾曲へと構造変化を引き起こすことを明らかにしました。

プレスリリースはこちら