理化学研究所と東京都医学総合研究所は、細胞内の巨大タンパク質分解酵素複合体「プロテアソーム」の細胞内動態を解析し、プロテアソームが細胞質で完成した後に核内に運ばれることを明らかにしました。
 
プレスリリースはこちら