このたび、当社は慶応義塾大学医学部 眼科学教室 坪田一男教授の研究グループの小川葉子特任准教授が開発された移植片対宿主病(以下、GVHD)マウスモデルを用いてGVHDに対する予防法および治療法の探索に関する共同研究を実施することとなりましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら