JST課題達成型基礎研究の一環として、戦略的創造研究推進事業 ERATO型研究「東山ライブホロニクスプロジェクト」(研究総括:東山 哲也 名古屋大学 WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所 教授)の水多 陽子 研究員(名古屋大学 大学院理学研究科)は、植物の花粉管)に試薬を与えるだけで特定の遺伝子の働きを抑えられることを発見しました。

プレスリリースはこちら