ノバルティスファーマ株式会社(代表取締役社長:二之宮義泰)は本日、「ルセンティス硝子体内注射液2.3mg/0.23mL」〔一般名:ラニビズマブ(遺伝子組換え)/以下、「ルセンティス」〕について、既存の3つの適応症(中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、病的近視における脈絡膜新生血管)に加え、新たな適応症として「糖尿病黄斑浮腫」の承認を取得しました。

プレスリリースはこちら