理化学研究所は、小型魚類のゼブラフィッシュの初期胚の解析により、遺伝子の転写開始点が2つの異なるメカニズムによって決定され、遺伝子発現機能を持つ塩基配列(プロモーター配列)1つに対して2つのメカニズムが独立に作用する新しい転写制御の仕組みを発見しました。
 
プレスリリースはこちら