中村壮 研究員(京都大学 CiRA)、江藤浩之 教授(京都大学 CiRA)らの研究グループは、ヒトiPS細胞から自己複製が可能な巨核球)を誘導することに成功し、大量に血小板)を生産する方法を確立しました。これまでにもiPS細胞から血小板をつくることはできていましたが、輸血に必要なスケールで血小板を生産するのは困難でした。今回は血小板を生み出す細胞である巨核球に着目し、これまでよりも大きなスケールで、医療現場で使用できる量の血小板を生産することを可能としました。

プレスリリースはこちら